menu

terry lee

効果がすごい!アーモンドの知っておきたい7の効果・効能

美容や健康に良いと話題のナッツ類。

その中でも特にアーモンドは栄養価が高くさまざまな効果をもたらしてくれる食材として人気を集めています。

そこで今回はアーモンドの知っておきたい7の効果・効能について紹介していきたいと思います。

毎日アーモンドを食べている方も、そうでない方もアーモンドの正しい知識や効果効能を知ることで今すぐアーモンドが食べたくなること間違いなし?

 

 

アーモンドにつて知っておきたい5つのこと

① アーモンドとは

① アーモンドとは

アーモンドはバラ科・サクラ属に分類される桜の仲間で、高さ5~6mくらいになる落葉樹です。

桃や梅、杏に近い植物で、桃や梅は果肉そのものを食べますが、アーモンドは果肉が非常に薄いため種の中に入っている「仁」という部分を食べます。

❶ スイートアーモンド

食用目的で栽培されているアーモンドのほとんどはスイートアーモンドという種類になります。
食用として販売されているカリフォルニア産のアーモンドは100%スイートアーモンドです。

❷ ビターアーモンド

野生種や、それに近いアーモンドの木から穫れるものです。
着香料や鎮咳、鎮痙などの薬用、ビターアーモンドエッセンス、オイルの原料として用いられています。
ビターアーモンドに含まれている苦味をもつアミグダリンという成分は一定以上摂取すると有毒になり、日本へは食品として輸入することはできません。

 

② カロリーはどのくらい?

② カロリーはどのくらい?

アーモンドには100gあたり、106kcalのカロリーがあります。

ごはん100gが168kcalであることを考えると、非常にカロリーの高い食べ物であることがおわかりいただけるでしょう。

アーモンドは全体の15%が脂質でできているため、カロリーが高くなるのです。

 

③ アーモンドは実は栄養満点

③ アーモンドは実は栄養満点

❶ ビタミンE

いつまでも若々しくありたいという方に人気のビタミンE。
アーモンドにはα-トコフエロールというビタミンEがゴマの約300倍、ピーナッツの約3倍も含まれています。
100gあたりの含有量は30.3mgになります。

❷ 食物繊維

お通じを良くしてくれる食物繊維。
アーモンドには食物繊維がレタスの約9倍、ごぼうの約1.6倍も含まれています。
100gあたりの含有量は10.1gになります。

❸ オレイン酸

健やかなお肌へと導いてくれるオレイン酸。
アーモンドにはオレイン酸がゴマの約1.8倍、ピーナッツの約1.5倍も含まれています。
100gあたりの含有量は35gになります。

❹ ミネラル

血液や骨の成分になったり、エネルギーを作ったりと身体の調子を整えてくれるミネラル。
アーモンドにはカルシウムやマグネシウム、カリウム、マンガン、鉄、リンなどのミネラルがたっぷり含まれています。

❺ ビタミン

抗酸化作用を持つビタミンEは身体の中の脂質が酸化するのを防ぎ、細胞の健康維持をサポートしてくれる栄養素です。
また、ビタミンB2も皮膚や粘膜の健康をサポートしている重要な栄養素なのです。

その他にもたんぱく質や脂質、糖質、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガン、ナイアシン、葉酸などの栄養素が含まれています。

 

④ 1日の摂取量の目安

④ 1日の摂取量の目安

アーモンドの1日の摂取量の目安は素焼きのもので25粒程度。

カロリーは150kcal程度になるため、おやつを食べている方はお菓子をアーモンドに置き換えるのが◎

ただし、塩やバターなどで味付けされたアーモンドはさらにカロリーが高くなるため、アーモンド本来の効果を期待するのであればあまりおすすめできません。

 

⑤ 妊婦さんにもおすすめ

⑤ 妊婦さんにもおすすめ

アーモンドは非常にカロリーの高い食べ物なので、1日に食べる摂取量の目安が決まっています。

この摂取量さえ守っていれば妊婦さんもアーモンドを食べてOKなのです。

むしろ、アーモンドには赤ちゃんの成長に欠かせない葉酸や、女性ホルモンの分泌を促す働きのあるトコフェノールというビタミンEも含まれています。

栄養満点のアーモンドは摂取量の範囲内であれば妊婦さんにもおすすめの食べ物なのです。

 

 

アーモンドの7つの効果効能

アーモンドの効果① ダイエットサポート

アーモンドの効果① ダイエットサポート

アーモンドの主成分はオレイン酸やリノール酸という不飽和脂肪酸です。

さらに食物繊維も多く含まれているため、お通じを解消して身体の中の老廃物を排出したり、食後の血糖値の上昇を抑えて余分なブドウ糖を吸収しないようにする働きも期待できるのです。

このようにダイエットに欠かせない栄養素や効果を持ち合わせたアーモンドはダイエットサポートに最適な食べ物なのです。

 

アーモンドの効果② 美肌効果

アーモンドの効果② 美肌効果

アーモンドは高カロリーの食べ物という事で肌トラブルの原因になると思われがちですが、実は美肌効果のある食べ物なのです。

というのも、アーモンドは美肌作りに欠かせないビタミンEが多く、さらにニキビに効くビタミンBまでたっぷりと含まれています。

アーモンドは食べ物として内側から働きかけてくれるので、日ごろのスキンケアにプラスすることで相乗効果を期待することができるでしょう。

 

アーモンドの効果③ アンチエイジング

アーモンドの効果③ アンチエイジング

アーモンドは抗酸化作用のあるビタミンEが豊富なうえに、「AGEsの生成を抑える」という働きを持っています。

AGEsという言葉は初めて聞いたという方が多いかもしれませんが、実は老化や生活習慣病の原因になる物質として近年注目を集めているのです。

このAGEsは日本語で終末糖化産物と言い、たんぱく質と糖が過熱されることによって作られる物質のことです。

AGEsが血管内に多く溜まるとお肌が老化してシミやしわを増やしたり、身体の内側にある組織に作用することでさまざまな病気を引き起こす原因になってしまうのです。

アーモンドにはこのAGEsの生成を抑える働きがあることから、アンチエイジング効果が期待できる食べ物だと言われているのです。

 

アーモンドの効果④ 便秘解消

アーモンドの効果④ 便秘解消

食物繊維を多く含んだアーモンドはお通じの改善にも役立ちます。

便秘の解消だけでなく予防にも効果があるため、便秘気味という方にもおすすめの食べ物なのです。

 

アーモンドの効果⑤ デトックス効果

アーモンドの効果⑤ デトックス効果

多くのミネラルを含んだアーモンドは身体の中に溜まった老廃物の排泄もサポートしてくれます。

身体の中から余分なものが排泄されることで身体が軽くなるのを実感できるでしょう。

また、便秘解消やデトックスの相乗効果によりより高いダイエット効果も期待できます。

 

アーモンドの効果⑥ むくみ予防

アーモンドの効果⑥ むくみ予防

アーモンドには水分代謝に関わっているカリウムという栄養素も含まれています。

身体の中に溜まった余分な水分の排泄をサポートしてくれることで、むくみ予防にも役立っているのです。

 

アーモンドの効果⑦ 貧血予防

アーモンドの効果⑦ 貧血予防

アーモンドは貧血予防に欠かせない鉄分を多く含んでいます。

さらに、貧血には「亜鉛欠乏症貧血」という貧血もあるのですが、アーモンドにはこの亜鉛も多く含まれているため、亜鉛不足による貧血予防にも効果があるのです。

貧血予防に欠かせない2つの栄養素を含むアーモンドは、貧血でお悩みの方にとっても心強い味方になってくれるでしょう。

 

 

おわりに

今回はアーモンドの栄養素や、アーモンドが持つ嬉しい効果効能について紹介してきました。

アーモンドは食べるだけで美容や健康、ダイエットとさまざまな効果を期待することができます。

食べるだけで始められるとっても簡単な美容、健康、ダイエット法なので、ご家族そろって習慣にするのもおすすめです。

気になる効果効能があったという方はアーモンドを食べて、アーモンドの効果効能を期待してみてください?

気になる効果効能があったという方はアーモンドを食べて、アーモンドの効果効能を期待してみてください?

口臭予防に!舌磨きの4つの効果と、やり方の7つのコツ口臭予防に!舌磨きの4つの効果と、やり方の7つのコツ

リキッドタイプのミネラルファンデーションってどれがいい?おすすめ11選と使い方5のコツリキッドタイプのミネラルファンデーションってどれがいい?おすすめ11選と使い方5のコツ

関連記事

  1. Amazonで話題!人気のルイボスティーのおすすめ7商品

    Amazonで話題!人気のルイボスティーのおすすめ7商品

    ルイボスティーにはたくさん種類がありますが、初めて買うときにはどれも同じように見えてしまいますよね。…

  2. シアバターとは?シアバターの万能すぎる使い方14選♡

    シアバターとは?シアバターの万能すぎる使い方14選♡

    保湿力が高いことで有名なシアバター。お肌を保湿するために、すでに使っているという方も多いのではな…

  3. 黒ずみ乳首になる4つの原因&乳首をピンク色にする6つの方法

    黒ずみ乳首になる4つの原因&乳首をピンク色にする6つの方法

    乳首が黒ずんでいるとなぜか「経験豊富」と思われてしまいがち…場所が場所だけに黒ずみの原因もわから…

  4. レスベラトロールが高配合の3つの食品と、4つの飲み物

    レスベラトロールが高配合の3つの食品と、4つの飲み物

    レスベラトロールはポリフェノールの1種なので抗酸化作用、抗炎症作用がある成分として美容・健康などさま…

  5. すらっと美脚美人に!美脚になれちゃう6つの方法

    すらっと美脚美人に!美脚になれちゃう6つの方法

    皆さん脚出してますか~~~~??脚というのは、男性が女性に魅力を感じる大事な部分でもあります…

  6. 【クリスマス編】可愛すぎる!一度はやってみたいアイメイク集11選

    1度はやってみたいアイメイク集シリーズ。今回はクリスマスにぴったりなアイメイク11選を紹介し…

  7. 美容にもいい♪炭酸水のおすすめの5つの使い方とその効果

    美容にもいい♪炭酸水のおすすめの5つの使い方とその効果

    芸能人やモデルなど多くの方が愛飲している炭酸水。炭酸水は飲むだけでなくたくさんの活用法・効果が隠…

  8. ポリフェノールを多く含む食品10つと、その種類とメリット・デメリット

    ポリフェノールを多く含む食品10つと、その種類とメリット・デメリット

    抗酸化作用のあるポリフェノールは美容だけでなく健康にも嬉しい効果をもたらしてくれる優秀な成分です。…

Pick up!!

  1. 可愛いの定番!ピンクのカフェのインスタ映えスポット8選
  2. 美容にもいい♪炭酸水のおすすめの5つの使い方とその効果
  3. ダイエットに抜群!コンブチャ(紅茶キノコ)の知っておきたい6の効果
  4. 薬局で手に入れろ!市販で買える当帰芍薬散のおすすめ5商品
  5. 売り切れ続出のスタバプリンはもう食べた?値段、カロリー…など5のまとめ

New entry

  1. 絶対泊まりたくなる年中楽しめる沖縄リゾートホテル10選
  2. 【関西版】女子旅にも最高なおすすめ温泉10選
  3. セレブ気分満載!夢の海外絶景リゾートホテル10選
  4. 一度は泊まりたい夢の星野リゾートのホテルをまるっと紹介!
  5. 【i】セルライトをなくしたい!セルライトができる6の原因のと、セルライトをなくす方法&予防法10選
  6. シアバターとは?シアバターの万能すぎる使い方14選♡
  7. ホホバオイル♡市販でも購入できるおすすめ16商品
  8. 毎月の辛い生理痛・・・11の症状と、その症状を緩和する対処法
  9. ホホバオイルとは?ホホバオイルの万能すぎる使い方12選♡
PAGE TOP