Terry Lee

あっこれ誰かに話したい!を提案するWEBメディア

今年の流行はコレ!栄養価が最強のアーモンドミルクの5つの魅力♡

1557 views
今年の流行はコレ!栄養価が最強のアーモンドミルクの5つの魅力♡

海外で大人気のアーモンドミルク。
日本に上陸してからさっそく話題になりはじめています。

栄養価の高いアーモンドが手軽に摂取できるアーモンドミルク。
今回は、そんなアーモンドミルクの魅力について紹介していきたいと思います。

まず、アーモンドミルクについて知っておきたいこと

① アーモンドミルクとは

アーモンドミルクとは

アーモンドミルクとは、牛乳や豆乳と似ていますが、アーモンドをミキサーで砕いただけのものなので、乳糖やコレステロールを含んでおらず健康的な飲み物です。
なので、海外で話題になっているんです♪

② その他ドリンクのカロリー比較

アーモンドミルクと、豆乳、牛乳、ライスミルクの4つのカロリーを比較してみたいと思います。

アーモンドミルク 49Kcal/200ml
豆乳 88Kcal/200ml
牛乳 134Kcal/200ml
ライスミルク 120Kcal/200ml

この通り牛乳や豆乳と比べても断然カロリーが低いんですよ♡
実は、アーモンドミルクはダイエット中にはもってこいのドリンクなんです。

アーモンドミルクの5つの魅力

アーモンドミルクはアーモンドの栄養素をいかした飲み物なので、様々な美容効果・健康効果が期待できます。
そこで、4つの魅力を紹介していきたいと思います。

魅力① コレステロールゼロ

魅力① コレステロールゼロ

アーモンドミルクにはコレステロールが一切含まれていません。
さらにアーモンドミルクに含まれているオレイン酸は不飽和脂肪酸という類に分けられる油なので悪玉コレステロールを抑制する効果があるのです。

魅力② 牛乳にはない美容効果

魅力② 牛乳にはない美容効果

牛乳に含まれる脂肪は動物性脂肪なのでコレステロール値が上がる可能性があります。
低脂肪乳なども売られていますが、アーモンドミルクはそもそも植物性脂肪なのでコレステロールの心配すらないのです。

さらにアーモンドには天然のビタミンEが豊富に含まれているので体内の活性酸素の働きを抑えてくれるので老化を防止してくれます。
この作用が美しさをキープする上でもすごく大きな役目をはたしてくれるのです。

さらに不溶性食物繊維という成分が含まれているので腸内の環境から整えてくれ、有害物質や体内に必要ない脂肪を排出してくれる効果もあるのです。
これによって身体のなかの要らないものを排出し、便秘解消にも繋がるんですよ♪

魅力③ 豊富なビタミン、ミネラル

魅力③ 豊富なビタミン、ミネラル

アーモンドには、以下のような栄養成分が含まれています。

栄養成分
必須アミノ酸、カリウム、リン、マグネシウム、カルシウム、亜鉛、セレニウム、ビタミンE、葉酸、ナイアシン、ビオチン、ビタミンB6、ビタミンB2

たくさんの栄養素が含まれている事から、アーモンドは”天然のマルチサプリメント”と言われているんです。
塩分を摂りすぎてしまいがちな日本人には嬉しいミネラルも豊富♪
たくさんの栄養素を補給するとなるとサプリメントを飲まなければならなくなりますが、これらをアーモンドで補えてしまうのでアーモンドミルクの手軽さは嬉しいものです。

魅力④ 安全性が高い

魅力④ 安全性が高い

牛乳を飲みたくても乳糖不耐症というアレルギー反応を起こす人は意外と多く、これが原因でチーズやアイスクリーム、ヨーグルトを食べられない人もいます。
アレルギー反応とまではいかなくても、お腹が緩くなる人は多いのでは?
アーモンドミルクはそもそも乳糖を含まないのでこのような心配も一切ないのです。

豆乳と比べた場合でも、大豆は遺伝子組み換えの代表的なものです。
それに比べ、遺伝子組み換えのアーモンドは現在栽培されてないので、アーモンドミルクが食に対する安全意識の高い人達の間で注目されているのにも納得ですね♪

魅力⑤ 簡単に手作りできる

魅力⑤ 簡単に手作りできる

アーモンドミルクは、自宅などで簡単に手作りできるんですよ。
レシピもとっても簡単♪
そこで、簡単にできるアーモンドミルクの作り方を紹介していきますね。

アーモンドミルクの超簡単レシピ♡

手作りアーモンドミルク

材料
  • アーモンド 250g
  • 水 3~4カップ
  • バニラエッセンス
  • ガーゼ
作り方
  1. あく抜きの要領でアーモンドを一晩水に浸す
  2. アーモンドをザルにあげ水で洗う
  3. ミキサーにアーモンドと水を入れて砕く
  4. ミキサーにかけたアーモンドをガーゼでこす
    ※10分程かかります
  5. できあがったアーモンドミルクにバニラエッセンスを数滴加えて完成
作り方のポイント

生アーモンドを使う場合はアーモンドをしっかりと水に浸して酵素抑制物質を水に溶かしてください。
酵素抑制物質が怖い場合は素焼きのアーモンドを使うのも良いでしょう。
アーモンドをこした時に残ったカスはマフィンやクッキー等に使う事もできます。

おわりに

アーモンドミルクは”ミルク”がと付くくらいなので、牛乳の変わりにコーヒーに入れてみたり、シリアルにかける、デザート、お料理など様々なシーンで活躍してくれる事間違いなし!
美容効果・健康効果がそれぞれあるので、毎日の生活の中にうまく取り入れていきたいものの1つですね♡

美容効果・健康効果がそれぞれあるので、毎日の生活の中にうまく取り入れていきたいものの1つですね♡

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Google +
Pinterest
Pocket