Terry Lee

あっこれ誰かに話したい!を提案するWEBメディア

食べてもよし!塗ってもよし!実はすごいアロエの5つの効果と4つの使い方

478 views
食べてもよし!塗ってもよし!実はすごいアロエの5つの効果と4つの使い方

食べてもよし!塗ってもよし!

身体の内側からも外側からも取り入れる事ができるアロエ。
実は、アロエにはいろんなな美容効果、健康効果があるんですよ♡

昔からある自然のアロエで、身体の内側から美しくなれたら素敵ですよね。

そこで今回は、そんなアロエの5つの効果とおすすめの使い方を紹介していきたいと思います。

実はすごい!アロエの嬉しい5つの効果

効果① 便秘解消

効果① 便秘解消

便秘になる原因は多くありますが、腸の機能が低下している事は間違いないのでこの腸の働きを活性化させる必要があります。
アロエには台帳の水分を増やして腸の働きを活発にしてくれる成分が含まれています。
毎日アロエを摂りつづける事で徐々に便秘が解消されます。

効果② 二日酔いに効く

効果② 二日酔いに効く

アロエに含まれる「アロイン」や「アロエエモジン」という苦み成分が、アルコールの分泌を早めてくれます。
アロエには解毒作用もあるので、低下している肝臓機能を戻す事ができるのです。
さらに肝臓の負担を和らげてくれる効果まであるので、二日酔いにはもってこい♪

効果③ 美肌に

効果③ 美肌に

皮膚細胞の基礎代謝がスムーズに行われない時に肌トラブルが生じます。
これを防ぐためには日頃の素肌ケアが重要で、特に肌の老化にはコラーゲンの減少が大きく影響してきます。

コラーゲンのを作るのを手助けしてくれるのがアロエなんですよ♪
アロエの保湿作用が肌をぷるぷるに♡

効果④ 風邪予防

効果④ 風邪予防

アロエには風邪ウイルス自体を殺菌する効果はありませんが、アロエウルシンの消炎作用が、風邪のひとつひとつの症状を和らげてくれる効果があります。
なので、風邪をひいてからではなく、風邪をひく前からアロエを摂りいれる事で風邪予防にもつながるんです♡

効果⑤ 殺菌効果

効果⑤ 殺菌効果

薬を使って殺菌Aを殺したとします。
殺菌Aには効果がありますが、殺菌Bに対しては効果がないといった薬がほとんどです。

しかし、アロエを使えばAの殺菌にもBの殺菌にも効果を発揮してくれます。
アロエは最強ってことなんですよ♡
そして、薬は殺菌を殺すという目的でのみ働きますが、アロエには殺菌が出す毒を中和してくれる作用まであるんです!

便利でおすすめ!アロエの4つの使い方

使い方① アロエ茶

使い方① アロエ茶

アロエをそのまま飲む事で、肌荒れや肥満の改善にもつながります。
また、二日酔いや風邪の予防にも効果的!
まさに”医者いらず”と言われるのも納得な植物です。

アロエ茶のレシピ

アロエ茶

材料
  • アロエ大1~2
  • 水600ml
作り方
  1. やかんに水とアロエを入れて沸騰させる
  2. 沸騰した後、泡が出る程度のとろ火で7~8分煮詰めて完成

使い方② アロエ化粧水

使い方② アロエ化粧水

アロエには美肌工があるので、アロエ化粧水でケアをすることで肌がぷるぷるになりますよ♪
保湿力も抜群なので、乾燥する時期にはもってこいです!
アロエ化粧水を作るときには、まずアロエエキスを作っていきます。

アロエエキスの作り方

アロエエキス

材料
  • アロエ 適量
  • ホワイトリカー 適量
作り方
  1. アロエを5ミリ幅に切る
  2. 密閉容器に入れてアロエが浸るくらいホワイトリカーを入れる
  3. 2~3日で液体が茶色っぽくなるのでアロエを取りだす

これでアロエエキスの完成です♪
アロエエキスができたら、次に化粧水を作っていきます。

時期や好みによってアロエ化粧水を作ることも可能なんです♪
材料の分量の割合を変えることで、2タイプの化粧水が作れちゃいます♡

しっとりタイプ
  • アロエエキス 80ml
  • 精製水 80ml
  • グリセリン 40ml
さっぱりタイプ
  • アロエエキス 80ml
  • 精製水 100ml
  • グリセリン 20ml

しっとりタイプは、冬の乾燥する時期におすすめ!
サッパリタイプは、暑い夏に汗でベトベトする時期におすすめ!
自分の使いたい方や季節に合わせて、精製水とグリセリンの量を調整してお好みの化粧水を作ってみてください♡

使い方③ アロエ酒

使い方③ アロエ酒

アロエ酒はロックはもちろん、ジュースや炭酸水で割るとおいしく飲めます。
レモンやライムを一緒につけても飲みやすい◎

取りだしたアロエは捨てずに、アロエ料理にそのまま活用でるので無駄がないですよ♪

アロエ酒のレシピ

アロエ酒

材料
  • アロエ500g~1kg
  • 氷砂糖200~500g
  • ホワイトリカー1.8ℓ
作り方
  1. アロエを5cm幅に切って密閉容器に入れる
  2. 容器に氷砂糖とホワイトリカーを入れる
  3. 冷暗所で1、2か月保存してアロエを取り出し完成

使い方④ アロエ乾燥葉

使い方④ アロエ乾燥葉

アロエを乾燥させた葉がいろんなことに活用できるんです♪
熱湯を注いでお茶代わりに飲むのもよし、お風呂に入れるのもよし◎

お茶代わりがちょっと飲みにくい場合は、お手持ちのお茶の葉とブレンドすると飲みやすくなります。
お風呂に入れる場合は、一掴みのアロエ乾燥葉をネットにいれて湯船に浮かべるだけでОKです♡

アロエ乾燥葉の作り方

アロエ乾燥葉

材料
  • アロエ 適量
作り方
  1. 水洗いしたアロエを水気を切ってから薄く切る
  2. ザルに入れて天日干し
  3. しっかり乾燥したら乾燥葉の完成

おわりに

1番効果的なのは、アロエを体内に取り入れてしまう事だそうです。
毎日の食事にアロエを取り入れるのは難しい事のように思えますが、乾燥葉を作っておく事で手軽にアロエを摂取する事ができます。

風邪予防にもつながるので、季節の変わりめには活用していきたいものです。
アロエをいろんなところで活用して、できる女になっちゃいましょう♡

アロエをいろんなところで活用して、できる女になっちゃいましょう♡

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Google +
Pinterest
Pocket