Terry Lee

あっこれ誰かに話したい!を提案するWEBメディア

血液がドロドロになる5つの原因と血液をサラサラにする5つの改善法

2596 views

血液がドロドロになる原因は日々の生活の中に隠れているものです。
しかし、だからこそ、毎日の生活を少し変えるだけでも血液をサラサラにすることはできるんです!
そこで今回は血液がドロドロになる原因を血液をサラサラにする5つの改善法について紹介していきたいと思います!
血液ドロドロを改善したいという人はもちろんのこと、いつまでも健康でいたいという人はぜひ参考にしてみてくださいね♪

血液がドロドロになる5つの原因

原因①
甘いものの食べ過ぎ

原因① 甘いものの食べ過ぎ

エネルギーに使われなかった糖分は肝臓の中ですべて中性脂肪に変えられ、血液中の中性脂肪が増えてしまいます。
中性脂肪が増えるだけでも血液がドロドロになるのですが、中性脂肪が多いと肝臓の働きが弱まり「レムナント」という物質が血液中に残ってしまいます。

レムナントがあると血小板を固まらせたり、白血球が血管壁にくっつきやすくなってしまいますし、糖分の働きによって血糖値が上がれば赤血球がくっつきやすくなり、変化しにくくなります。
このような動きはすべて血液をドロドロにさせる原因になってしまうんです。

原因②
魚や野菜不足

原因② 魚や野菜不足

肉や油を摂りすぎるとコレステロールや中性脂肪が多くなり、血液がドロドロになってしまいます。
反対に魚に含まれているDHAやEPAなどの良質な脂肪酸は血液をサラサラにする働きがあります。
また、野菜にはコレステロール値を下げる食物繊維や、血管壁にコレステロールが付くのを防ぐビタミンがたっぷりと含まれているので、このような栄養素が不足してしまうと血液がドロドロになってしまうんです。

原因③
たばこやお酒

原因③ たばこやお酒

たばこは血管を収縮させるので血液の流れを悪くし、悪玉コレステロールを増やすので血管の弾力がなくなってしまいますし、たばこを吸う方は赤血球の数が増えて血液がドロドロになる「ストレス赤血球増加症」の方が多いと言われています。

そしてお酒は適量であれば血流が良くなるのですが、飲みすぎると血液をドロドロにしてしまいます。
アルコールは脱水症状を引き起こすので、血液中の水分量が減ることで血液がドロドロの状態になってしまうんです。

原因④
運動不足

原因④ 運動不足

運動不足はさまざまな生活習慣病に影響を与えるように血液の働きにも悪影響を与えてしまいます。
運動不足になると身体の中に中性脂肪やコレステロールがたまり、血液がドロドロになってしまうんです。

また、運動をしないとストレスがたまりやすく、ストレスの影響でも血液の状態が悪くなることがわかっています。

原因⑤
ストレス

原因⑤ ストレス

ストレスを受けると脈拍が早くなり血管が収縮することで血圧が上がり、その結果として総コレステロール値が高くなったり、血流が悪くなることで血液がドロドロになってしまうんです。

また、ストレスを受けると身体が緊張して汗をかきます。
ストレスが多い生活を続けていると日常的に水分を失いやすくなり、血液中の水分が減ることで血液がドロドロになりやすくなると言われています。

血液をサラサラにする5つの改善法

改善法①
水分補給をする

改善法① 水分補給をする

のどが渇いてから水分補給をすればいいと考えがちですが、それでは脱水症状を防ぐことはできないので、日ごろからこまめに水分補給をすることがポイントになります。

また、血液をサラサラにするためにおすすめなのが「にがり水」。
にがりは海水を煮詰めて塩を取り除いた液体で、主成分としてマグネシウムがたっぷり含まれていて、マグネシウムは身体の不調に効果的で血液をサラサラにするのにも効果があると言われているんですよ♪

改善法②
食生活を改善する

改善法② 食生活を改善する

偏った食事が血液をドロドロにする原因になるように、栄養バランスのとれた食事は血液をサラサラにする効果が期待できます。
また、同じものを食べるにしてもちょっとした工夫で血液をサラサラな状態に近づけることができるんですよ♪

例えば…
・お肉なら霜降り肉をやめて赤みのお肉を食べたり、お肉と一緒に食べるようにする
・焼いて食べていたものを茹でて食べることで余分な脂を落とす
・お菓子なら脂質やカロリーの少ないものを選び、買い置きをしないようにする
・お菓子を食べるときはジュースではなくお水にする
・お酒ならアルコール度数の高いものは水で薄めて飲んだり、おつまみをヘルシーなものにする

また、お酒を飲むときはこまめに水を飲むようにして、週に1回は休刊日を作るなど工夫していくことで血液がドロドロになるのを防ぐことができます。

改善法③
たばこをやめる

改善法③ たばこをやめる

喫煙はたばこを吸っている本人だけでなく、周りにいる人たちにも悪影響を与えてしまいます。
また、たばこは血液がドロドロになるだけでなく様々な病気を引き起こすきっかけになってしまいます。

禁煙外来など、病院で禁煙治療をする場合は保険が適応されるので医師に相談するのも1つの方法です。
あらゆる生活習慣病の予防のためにもたばこをやめてみるのも良いのではないでしょうか。

改善法④
入浴方法を工夫する

改善法④ 入浴方法を工夫する

熱いお風呂は疲れがとれるような気がしてとても気持ちが良いですが、熱いお風呂に長時間つかっていると脱水症状になり血液がドロドロになってしまいます。

お風呂の温度は40℃くらいを目安にして、入浴中にもこまめに水分補給をするようにしましょう。
ちなみに、15分間入浴するのであれば500ml程度の水分補給が必要になります。

改善法⑤
適度な運動をする

改善法⑤ 適度な運動をする

運動は血液をサラサラにするために効果的ですが、急に激しい運動をすると危険です。

例えば…
・エレベーターやエスカレータは使わないようにして階段で移動する
・電車で移動する場合は目的地の一駅手前で降りて一駅分歩く
・車や自転車で移動するところを歩いて移動する

など、ちょっとした運動を毎日の生活の中に取り入れていきましょう♪
もちろん運動をしたときには脱水症状になりやすくなっているので、こまめな水分補給を心がけましょう!

おわりに

血液をサラサラにするための改善法は特に難しいことをする必要はありません。
ちょっとした工夫でも毎日続けることで血液の状態を改善することができるので、継続できそうなことから初めて血液をサラサラにしていきましょう♪

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Google +
Pinterest
Pocket