Terry Lee

あっこれ誰かに話したい!を提案するWEBメディア

警告!髪が痛む原因8コと、髪の毛をサラサラにする7のアイディア

3346 views

気付いたら髪がパサパサ・ゴワゴワなんてことはありませんか?
実は髪が痛む原因は意外にも身近なところに隠れていたりするのです。

そこで今回は髪が痛む原因8コと、髪の毛をサラサラにする7のアイディアについて紹介していきたいと思います。
髪が痛む原因を改善したサラサラヘアを手に入れましょう♡

髪が痛む8つの原因

髪が痛む原因①
髪の毛を雑に洗っている

髪の毛を雑に洗っている

髪の毛を洗うときは当然髪の毛は濡れている状態ですよね。
髪の毛が濡れている状態のときはキューティクルが膨れ上がっているので、髪の毛にとってはとてもデリケートな状態でもあるんです!

つまり、髪を洗う時にゴシゴシと雑に洗っていれば膨れ上がったキューティクルは簡単に剥がれて髪が痛む原因になってしまうんです。
これはタオルドライのときも同じで、早く乾かしたいからと言って力任せにタオルで擦っているとキューティクルが剥がれてしまいます。

髪が痛む原因②
高温のお湯で洗っている

高温のお湯で洗っている

高温のお湯を使って頭を洗っているとさらにキューティクルが開きやすくなり、少しの刺激でも髪が痛みやすくなります。
また、高温のお湯はカラーが抜けやすくなるデメリットもあるので、頭を洗う時には38℃くらいのぬるま湯で洗うようにしましょう♪

髪が痛む原因③
ドライヤーを長時間あてている

ドライヤーを長時間あてている

キューティクルは髪に弱いという性質があるので、ドライヤーを長時間あてて髪を乾かすという行為も禁物!
と言っても、早く乾かしたいからと言ってドライヤーを近づけすぎるのもよくありません。
目安としては頭から15cm程度離した位置からドライヤーをあてると良いでしょう♪

髪が痛む原因④
自然乾燥している

自然乾燥している

「ドライヤーは髪が痛む原因になるから」「面倒だから」と言って自然乾燥している方はいませんか?
先ほど紹介したように髪は濡れているときが1番デリケートな状態です。

長時間髪が濡れたままになっているとキューティクルは開いた状態になり、髪の内側にあったたんぱく質はどんどん外に流れ出てしまいます。
この状態のまま寝るとなると枕との摩擦でキューティクルは一気に傷つきあっという間に髪の毛が痛んでしまいます。

髪が痛む原因⑤
カラーリング

カラーリング

髪が痛む原因と聞くと真っ先にカラーリングを思い浮かべる方も多いかと思います。
カラーリングは入れた色を長時間キープするためにキューティクルを無理やり開き、髪の内側にあるメラニン色素を脱色して色を入れています。
当然キューティクルは剥がれてしまいますし、髪の内側にもダメージを与えることになるのでもちろん髪は痛んでしまいます。

髪が痛む原因⑥
パーマ

パーマ

パーマはカラーリングと同じようにキューティクルを無理やり開き、髪の内側にあるシスチン結合という部分を1度カットしてから理想の形に再結合しています。
シスチンはメラニン色素があるコルティックスよりもさらに奥にあるので、カラーリングよりも奥深くにダメージを与えることになり当然髪は痛んでしまいます。

髪が痛む原因⑦
ヘアアイロンやコテを使っている

ヘアアイロンやコテを使っている

先ほど紹介しましたが、髪を覆っているキューティクルは熱に弱い性質があります。
つまりヘアアイロンやコテを使っていれば、当然髪を痛める原因になってしまうんです。
特に高温のものを長時間あてていればあっという間に髪は痛んでしまうので要注意!

髪が痛む原因⑧
紫外線の影響

紫外線の影響

日本人の髪は黒色なので紫外線を吸収するメラニン色素がたくさんあるため、短時間紫外線を浴びる程度で髪が痛むことはありません。
しかし、すでに髪の毛が痛んでいる場合には髪を守っているキューティクルが剥がれていたり、髪の内側のメラニン色素が少なくなっているので紫外線のダメージを受けやすくなってしまいます。

また、長時間紫外線を浴び続ける場合にはダメージが蓄積されて髪が痛んでしまう場合もあります。

髪の毛をサラサラにする7つのアイディア

髪の毛をサラサラにする方法①
丁寧に髪を洗う

丁寧に髪を洗う

シャンプーをするときは指の腹で頭皮をマッサージするように洗い上げます。
髪の毛はシャンプーの泡で撫でる程度でOK◎

また、シャンプーは直接頭皮に付けるのではなく、あらかじめ手のひらで泡立てておくことがポイントなんです。
洗顔と同じ要領でしっかりと泡立てたシャンプーで頭皮を優しく洗いましょう♪

髪の毛をサラサラにする方法②
すすぎを丁寧に

すすぎを丁寧に""

いくら良い成分が入っているシャンプーでも、髪や頭皮に残っていると髪が痛む原因になってしまいます。
洗うときだけ意識していてもシャンプーが残ってしまっては意味がないので、すすぎも優しく念入りに行いましょう。
このとき、ロングヘアの方は下を向いてすすぐ方も多いかもしれませんが、下を向いた状態でシャワーをあてるとキューティクルを逆なですることになるので必ず上をむいてすすぐようにしましょう♪

髪の毛をサラサラにする方法③
トリートメントを活用する

トリートメントを活用する

トリートメントは髪の内側に浸透するので、髪の内部にもしっかりと栄養を届けることができます。
トリートメントには大きくわけてシャンプーの後に使う洗い流すタイプと、ドライヤーの前につける洗い流さないタイプの2種類がありますがどちらを使ってもOK。
痛みがひどい場合には併用することで効果を高めていきましょう♪

髪の毛をサラサラにする方法④
ヘアアイロンやコテは日にちをあけて使う

ヘアアイロンやコテは日にちをあけて使う

毎日のヘアアイロンやコテは欠かせない!という方もいるかもしれませんが、髪をサラサラにするには日にちをあけて使うようにしましょう!
また、高温で使っているとすぐに髪が痛んでしまうので、できるだけ低温で素早く終わらせるのがポイント◎
中には使うほど髪をサラサラにしてくれるアイロンやコテも販売されているので、どうしてもアイロンやコテが欠かせないという方はそのような商品を購入すると良いでしょう♡

髪の毛をサラサラにする方法⑤
髪のUV対策をする

髪のUV対策をする

先ほど紹介した流さないトリートメントにはさらに種類があり、スプレータイプのものはUV対策ができる商品が多いです。
髪もお肌と同じように紫外線のダメージを受けているので、お出かけ前には必ずUV対策をしてあげましょう!
長時間お出かけするときにはスプレーを携帯しておくとサッとケアすることができるので安心ですよ♪

髪の毛をサラサラにする方法⑥
1日の汚れはその日のうちに落とす

1日の汚れはその日のうちに落とす

髪は寝ている間に育っているので、髪に汗やほこりなどの汚れが付いたままになっていると健康な髪を育てることができなくなってしまいます。
疲れていると髪を洗うのが面倒に感じてしまうこともあるかもしれませんが、1日の汚れは必ずその日のうちに落として清潔な状態で眠りにつきましょう♪

髪の毛をサラサラにする方法⑦
ブラッシングは優しく丁寧に

ブラッシングは優しく丁寧に

髪を整えるときにブラッシングは欠かせません。
普段何気なくブラッシングをするときはついつい流れ作業のようになってしまいますが、髪をサラサラにするなら優しく丁寧にがポイント♡
順番としてはまずは毛先の絡まりを優しくほどいてから徐々に根元に向かってブラッシングをしていきます。

ブラシを頭皮に当てながらブラッシングすることで頭皮のマッサージにもなりますし、優しく丁寧にブラッシングするとキューティクルを整えることができるのでブラシを通しただけでもサラサラな髪になりますよ♡

おわりに

髪の毛は1日で急激に痛むということがないように、1日で急にサラサラになるということもありません。
毎日ちょっとしたことでも積み重ねていくことでサラサラヘアを手に入れることができるのです♡

サラサラの髪の毛を手に入れるには特に難しいことをする必要はないので、今回紹介したアイディアを取り入れることで女性らしいサラサラの髪を手に入れてください♡

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Google +
Pinterest
Pocket