Terry Lee

あっこれ誰かに話したい!を提案するWEBメディア

産婦人科でも処方される!当帰芍薬散を不妊治療で飲むべき5つの理由

976 views

女性特有のトラブルに役立ってくれる当帰芍薬散は、産婦人科でも処方されるほど効果を認められている漢方薬です。
不妊治療にも効果があると言われている当帰芍薬散ですが、当帰芍薬散にはどのような効果があるのでしょうか?
そこで今回は当帰芍薬散を不妊治療で飲むべき5つの理由について紹介していきたいと思います!
妊活中の方や、女性特有のトラブルでお悩みの方はぜひ参考にしてください♪

当帰芍薬散を不妊治療で飲むべき5つの理由

理由①
当帰芍薬散とは?

理由① 当帰芍薬散とは?

当帰芍薬散には当帰(とうき)や川きゅう(せんきゅう)、芍薬(しゃくやく)、白朮(びゃくじゅつ)、蒼朮(そうじゅつ)、沢瀉(たくしゃ)、茯苓(ぶくりょう)などたくさんの生薬が含まれています。
当帰芍薬散に含まれている生薬にはそれぞれに女性特有のトラブル改善に役立ってくれる効果があるんです!

理由②
当帰芍薬散の効果効能

理由② 当帰芍薬散の効果効能

血を補う当帰・芍薬

当帰芍薬散を処方される方は身体が弱く、貧血気味で疲れやすいという方が多いかと思います。
その症状を改善するにはまずは血液の量を増やす必要があります。
当帰と芍薬には血液の量を補う働きがあるので、この働きにより貧血の症状を改善してくれるんです♪

蒼朮で胃腸のサポート

いくら不妊治療のために食事内容を見直してもその栄養素が身体に吸収されなければ意味がありませんよね。
蒼朮は胃腸の機能を回復させてくれるので、栄養素の吸収率を高めてくれることでしょう!

沢瀉と茯苓でデトックス

漢方の世界では身体の中に余分な水分が溜まっている状態のことを「水毒」と言います。
余分な水分が身体の中にあると冷えに繋がり、血行が悪くなってしまいます。
そのため、身体の中に溜まった余分な水分を排泄してくれる沢瀉と茯苓は欠かせない生薬となっているんです。

当帰と川きゅうで血行促進

これまで紹介してきた効果の仕上げとして当帰と川きゅうで血行を促進し、貧血や虚弱体質を改善してくれるんです♪
このような生薬を組み合わせて作られた当帰芍薬散だこそ、女性特有のトラブルだけでなく不妊治療にも嬉しい効果を発揮してくれるんですね。

理由③
不妊治療にもおすすめ

理由③ 不妊治療にもおすすめ

当帰芍薬散は不妊治療をする上で最もポピュラーな漢方薬だと言われています。
すでに産婦人科にて処方されているという方も多いのではないでしょうか?
当帰芍薬散は以下のように不妊の原因になる症状を和らげて改善していく働きがあるんです。

  • 血行が促進されることで冷え性が改善され、子宮環境が整う
  • 自律神経に働きかけることでホルモンバランスが安定する
  • 生理不順に働きかけ、生理周期を整える
  • 子宮内膜症や子宮筋腫にも効果的
  • 卵巣機能不全の改善

様々な角度から不妊治療をしていく産婦人科では当帰芍薬散を処方されることが多いです。
特に当帰芍薬散には先ほど紹介したような効果があるので、妊娠しやすい身体を作るにはもってこいの漢方薬ですし、生理周期が安定することで基礎体温も整い不妊に効果があるんです。

とはいえ、卵巣や子宮などに原因がある場合には他の治療法と平行することも多く、当帰芍薬散だけで完全に不妊治療が行えるわけではありません。

理由④
当帰芍薬散が処方されるタイミング

理由④ 当帰芍薬散が処方されるタイミング
漢方医学では不妊治療をしているからと言って、すぐに当帰芍薬散が処方されることはないようです。

まずは妊娠しやすい状態を作るために体質改善が行われます。
例えば冷え性の方は冷え性を治し、胃腸が弱い方は胃腸を強くする。
また、ストレスが溜まっている場合にはストレスを発散してリラックスできる環境を作ることも大切です。

このように体質改善をしてから、当帰芍薬散でさらに妊娠しやすい状態を作っていくというのが一般的な流れのようです。

理由⑤
当帰芍薬散は妊娠中にもおすすめ

理由⑤ 当帰芍薬散は妊娠中にもおすすめ

漢方薬を販売している大手メーカーのツムラでは当帰芍薬散の説明に「当帰芍薬散は妊娠前後あるいは流産による障害」と記載していています。
このように妊娠中の安胎薬としての効果もあると言われており、さらに習慣性流産やつわり、妊娠中毒にも効果的な漢方薬とも言われているんです!

中には妊娠中の服用をすすめている医師も多く、妊娠して初めて当帰芍薬散の服用を始めた方も多いのだとか。
妊娠中に服用できる漢方薬ということで、不妊治療中にも安心して服用することができますね♪

おわりに

漢方ではその人の体質や症状にあった薬を処方してもらい、体質改善に役立てていきます。
そのため、全ての人に当帰芍薬散が良い結果をもたらしてくれるというわけではありません。
しかし、漢方薬は一般的な市販薬と比べると副作用も少なく、体質改善に役立ってくれるということで実際に多くの女性が不妊治療のために当帰芍薬散を活用しています。

初めて服用で不安があるという方は漢方医やかかりつけの医師に相談し、当帰芍薬散が自分の身体に合っているか判断してもらうことをおすすめします。
そうすることで安心して不妊治療に当帰芍薬散を役立てることができるでしょう♪

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Google +
Pinterest
Pocket