Terry Lee

あっこれ誰かに話したい!を提案するWEBメディア

すごい!ハイドロキノンの3の効果と気をつけたい副作用とハイドロキノン配合の化粧品おすすめ10選

214 views
すごい!ハイドロキノンの3の効果と気をつけたい副作用とハイドロキノン配合の化粧品おすすめ10選

美白効果のあるハイドロキノンは皮膚科でも採用されている優秀な成分です。

そこで今回はそんなハイドロキノンの3の効果と気をつけたい副作用、ハイドロキノン配合の化粧品おすすめ10選を紹介していきたいと思います。

頑固なシミやそばかすでお悩みの方はぜひ参考にしてみてください♡

ハイドロキノンとは

ハイドロキノンはコーヒーやいちごなどにも含まれている酸化を抑える還元作用を持つ天然成分で、写真の現像などにも古くから用いられてきた物質です。

このハイドロキノンはお肌のメラニン色素の成分を抑制するのにとても高い効果を発揮し、その効果はビタミンCやプラセンタ、コウジ酸、アルプチンなどの美白成分の約10~100倍とも言われているほど。

また、ビタミンCやプラセンタなどの美白成分は、シミの予防に役立つものですが、ハイドロキノンhシミを予防するだけでなく、お肌に沈着したメラニン色素にまで働きかけてくれるため、今注目の成分として話題になっているのです。

ハイドロキノンのすごい3つの効果と気をつけたい副作用

ハイドロキノンの効果① 酸化酵素の働きを抑える

ハイドロキノンの効果① 酸化酵素の働きを抑える

酸化酵素のチロシナーゼはもともと無色透明なメラニンを黒色化させるため、シミや黒ずみの元区とも言われています。

メラニンの正体はメラノサイト内にあるチロシンというアミノ酸なのですが、紫外線などの刺激を受けて表皮のケラチノサイトが刺激を感知するとダメージから身体を守るためにメラノサイトにメラニンを作り出すように信号を発します。

すると、メラノサイトはチロシンからメラニンを作るために酸化酵素のチロシナーゼを使い、「チロシン→ドーパ→ドーパキノン→黒色メラニン」と変化させていきます。

ハイドロキノンはこの酸化酵素であるチロシナーゼよりも先にチロシンと結合するため、チロシナーゼを無力化することができるのです。

その結果、チロシナーゼによるチロシンの酸化を防ぎ、メラニンが黒色化するのを防いで美白へと導いてくれるのです。

ハイドロキノンの効果② メラノサイトを減らす

ハイドロキノンの効果② メラノサイトを減らす

メラノサイトは紫外線などの刺激を受けると増えるため、子供に比べると長年刺激を受けてきた大人の方がメラノサイトの数が多くなってしまいます。

そして、メラノサイトが増えるとそれだけメラニンの生成も増えてしまうので、どうしてもシミやそばかすができやすくなってしまうのです。

つまり、加齢と共にシミやそばかすが増えるのは、単純にメラノサイトの数が多いことも関係してくるのです。

さらに、メラノサイトは基本的に紫外線などで刺激を受けたときにメラニンを生成するのですが、加齢の影響で異常を起こすとメラニンを作り続けてしまうケースがあります。

特に紫外線対策をしているのにも関わらずシミやそばかすが改善されないのであれば、メラノサイトが異常を起こしてメラニンが増えている可能性が高いでしょう。

ハイドロキノンはこのメラノサイトそのものの働きを抑制する効果があるため、結果的にメラニンの生成スピードが落ちてシミやそばかすができにくくなるのです。

ハイドロキノンの効果③ 還元作用効果

ハイドロキノンの効果③ 還元作用効果

還元作用によってすでにできてしまったシミやそばかすを元通りにする効果は、「お肌の漂白剤」とも言われているハイドロキノン特有の効果です。

この還元作用というのは文字通り、元に戻す働きのことでハイドロキノンの還元作用は酸化してしまったメラニンを還元することを意味しています。

メラニンは紫外線を浴びてチロシナーゼにより酸化することで黒色化してしまいますが、ハイドロキノンは1度酸化してしまったメラニンを還元してくれるため、すでにできてしまったシミやそばかすの色を薄くする効果も期待できるの
です。

ハイドロキノンの副作用の症状例

ハイドロキノンの副作用の症状例

① 赤み・炎症

ハイドロキノンはとても刺激が強い成分なので、肌質によっては赤みやかぶれなどの炎症を引き起こしてしまうことがあります。
このような場合にはすぐに使用を中止し、症状がひどい場合には皮膚科医に相談することをおすすめします。
また、赤みや炎症などの症状は変質したハイドロキノンの使用によっても引き起こされるため、副作用を予防するためにもハイドロキノンが変質していた場合には保管方法も見直してみてください。

② かゆみ

ハイドロキノンを使用した後は、皮膚にぴりぴりとしたかゆみや刺激、軽い熱感を感じることがあります。
このような症状もすぐにおさまるのであれば問題ありませんが、いつまでもかゆみが続く場合や悪化する場合には皮膚科医に相談することをおすすめします。

③ シミ・色素沈着

ハイドロキノンにより生成が抑制されるメラニン色素は有害になる紫外線が身体の奥に入らないよう、遮断するサンシェードのような役割も果たしています。
つまり、ハイドロキノン使用後のお肌は紫外線に対してとても無防備な状態なので、この状態で紫外線を浴びると通常よりも多くダメージを受けてシミやそばかすが悪化してしまう場合があるのです。

④ 白斑

ハイドロキノンを長期間連続使用していたり、高濃度のハイドロキノンを使用するとメラニン色素を生成している皮膚の機能が失われ、お肌の色が部分的に脱色される白斑を引き起こす場合があります。
1度失われたお肌の色素を取り戻すのは困難なこととされているため、白斑はハイドロキノンの副作用の中でも特に注意すべき症状だと言われています。

市販でも購入できるハイドロキノン配合化粧品おすすめ10選

ハイドロキノン配合化粧品① プラスナノHQ

プラスナノHQ
プラスナノHQ

シミに悩む女性をサポートする「プラスキレイ」から販売されているハイドロキノンクリームです。

ハイドロキノンを4%と高濃度に配合しているだけでなく、お肌のキメを整えるレスベラトロールやアスタキサンチンも配合。

さらにビタミンAやC、Eも配合しているため、シミをピンポイントにケアできるクリームになっています。

ハイドロキノンの副作用② QuSomeホワイトクリーム1.9

QuSomeホワイトクリーム1.9
QuSomeホワイトクリーム1.9

お肌の弱い方でも使用できると話題になっているのが日本製・日本人向け処方のQuSomeホワイトクリーム1.9。

不安定で低浸透なハイドロキノンの特性を独自テクノロジーによって解消し、角質までしっかりと浸透して長時間ハイドロキノンの効果が期待できるため、1.9%という配合率でも4%に匹敵する効果を期待できるのだとか。

敏感肌でハイドロキノンを使えずに困っていた方にもおすすめの商品です。

ハイドロキノンの副作用③ ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110

ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110
ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110

皮膚の専門家が高い安全性を確認していて、お肌への刺激は最小限でありながら確かな美白効果を期待できると話題になっているのがこちらの商品。

独自開発された新安定型ハイドロキノンは効果、安全性ともに皮膚の専門家が認めており、その効果は数々の有名メディアでも取り上げられるほど。

従来のハイドロキノンよりも酸素や光、熱への耐性を増しているため、安定して効果が期待できる上に、シミやそばかすだけでなくニキビ跡や火傷による色素沈着などさまざまな肌トラブルに対応できるのも嬉しいポイントです。

ハイドロキノンの副作用④ ブライトニングクリスタル

ブライトニングクリスタル
ブライトニングクリスタル

即効性を求める方から人気を集めているのがセルピュアのブライトニングクリスタル。

ハイドロキノンを5%も配合しているため高い効果と即効性が期待でき、気になるシミもピンポイントで集中ケアすることができます。

また、酸化防止のために特殊技術を用いた安定型ハイドロキノンを配合しているため、保存が難しいと言われているハイドロキノンが常温でも3ヵ月保存できるというのもブライトニングクリスタルならではの特徴です。

ハイドロキノンの副作用⑤ プラスソープHQ

プラスソープHQ
プラスソープHQ

ハイドロキノン専門店が開発したハイドロキノン配合の石鹸がプラスソープHQ。

洗顔料として使うことができるため、ハイドロキノンの効果をより手軽に期待したいという方や、広範囲に効果を期待したいという方に人気の商品です。

もちろん全身に使うこともできますし、ハイドロキノンの配合率は1%なので敏感肌の方や肌トラブルでお悩みの方も刺激を気にすることなく使用することができるでしょう。

ハイドロキノンの副作用⑥ スキンピールバーハイドロキノール

スキンピールバーハイドロキノール
スキンピールバーハイドロキノール

ピーリング石鹸を取り扱っているサンリットから販売されているハイドロキノン入り石鹸です。

従来のピーリング効果にハイドロキノンを配合し、さらなる美白効果が期待できる商品となっています。

洗顔料として毎日使うことを考え、日本人のお肌に合うグリコール酸を配合しているため優しい洗い上がりが特徴です。

ピンポイントでケアすることはできませんが、広範囲でくすみを解消したい場合には最適な商品になるでしょう。

ハイドロキノンの副作用⑦ オバジHQブライトニングナイトセラム

オバジHQブライトニングナイトセラム
オバジHQブライトニングナイトセラム

オバジHQブライトニングナイトセラムは夜用のハイドロキノン配合美容液です。

ロート独自の安定・高密着技術によって酸化しやすく長期保存が困難だったハイドロキノンを安定的に配合し、お肌にぴったりと密着して浸透していきます。

日中にダメージを受けたお肌を夜に集中的にケアするため、ミクロコッカス溶解液やジオウ根エキスなどの保湿成分が配合されているので、使い続けるほどに翌朝のお肌が生き生きとしてくるでしょう。

ハイドロキノンの副作用⑧ エピステームHQレーザークリア

エピステームHQレーザークリア
エピステームHQレーザークリア

こちらもロート製薬が販売している夜用のハイドロキノン配合美容液です。
医療機関でも導入されている安定性の高い高品質のハイドロキノンが配合されているのがポイント。

さらに伸縮性の高いストレッチポリマーを配合しているため、お肌への密着度も高く配合成分がきちんと浸透し、気になる部分をピンポイントでケアすることができます。

また、ハイドロキノン以外にも美白効果のある成分が4つも配合されているため、多角的にシミにアプローチすることができるでしょう。

ハイドロキノンの副作用⑨ デルミサ スキンフェイドクリーム

デルミサ スキンフェイドクリーム
デルミサ スキンフェイドクリーム

こちらの商品はアメリカ生まれのハイドロキノン入りスキンケアブランドから販売されているクリームです。

スキンケアフェイドクリームは2%のハイドロキノンを配合し、さらにビタミンCをプラスすることでWの美白効果が期待できる商品になっています。

デルミサから販売されている化粧水や美容液と組み合わせて使用

ハイドロキノンの副作用⑩ セルニューHQコンシーラー

セルニューHQコンシーラー
セルニューHQコンシーラー

医療機関向けのスキンケアブランドから販売されているハイドロキノン入りのコンシーラーです。

のびが良いクリームタイプのコンシーラーで、先端がチップになっているためピンポイントでカバーできます。

また、SPF50+/PA++++と高い紫外線ブロック効果を備えているため、日中でも安心してハイドロキノンの効果を期待できるのも◎

元々レーザー治療などによる傷跡を隠すためのアイテムとして開発されているため、カバー力が非常に高くメイクを楽しみながら美白ケアができる商品となっています。

ハイドロキノンクリームの正しい使い方5つのポイント

ハイドロキノンクリームの使い方のポイント① 紫外線対策を行うこと

ハイドロキノンクリームの使い方のポイント① 紫外線対策を行うこと

ハイドロキノンを使っているときのお肌は、通常よりも紫外線のダメージを受けやすい状態になっています。

日光を直接浴びないような場合でも紫外線は屋内に入ってくるため、外出しないときでも必ず紫外線対策を行うようにしてください。

ハイドロキノンクリームの使い方のポイント② 使用期限を守ること

ハイドロキノンクリームの使い方のポイント② 使用期限を守ること

ハイドロキノンはとても酸化しやすい成分なので、開封後に長期保存していると劣化してしまいます。

酸化したハイドロキノンを使うと思うような効果が期待できなくなるどころか、副作用の症状を引き起こしかねないので必ず使用期限内に使い切るようにしてください。

ハイドロキノンクリームの使い方のポイント③ 効果が実感できたら使用を中止すること

ハイドロキノンクリームの使い方のポイント③ 効果が実感できたら使用を中止すること

同じ場所に長期間ハイドロキノンを使い続けると、お肌が弱くなってしまう可能性があります。

そのため、シミが薄くなってきたなと効果が実感できたらそこで使用を中止するようにしてください。

ハイドロキノンクリームの使い方のポイント④ 濃度に気をつけること

ハイドロキノンクリームの使い方のポイント④ 濃度に気をつけること

海外製の商品はハイドロキノンの配合率が高い傾向にありますが、高濃度のハイドロキノンはお肌への刺激や負担が大きくなり、使い方を間違えると白斑を引き起こす可能性が高くなってしまいます。

むやみに高濃度の商品を使うのではなく、ピンポイントケアなら4%、お顔全体をケアする化粧水のような商品なら2%以下という具合に、目的に合った濃度の商品を使うことをおすすめします。

ハイドロキノンクリームの使い方のポイント⑤ パッチテストをすること

ハイドロキノンクリームの使い方のポイント⑤ パッチテストをすること

ハイドロキノン配合の商品を初めて使う場合は、必ずパッチテストを行ってから使うようにしてください。

使用したい化粧品を絆創膏に薄く塗り、二の腕などの皮膚が薄くて目立たない場所に貼って24時間放置するだけでOKです。

お肌に赤みや炎症などがなければ使用しても問題ないという目安になります。

おわりに

今回はハイドロキノンのすごい効果や、ハイドロキノン配合の化粧品について紹介してきました。

ハイドロキノンは効果が強く副作用があるため、一見使いにくい成分と思われがちですが、正しい使い方をしていれば確かな効果が実感できるためシミやそばかすなどでお悩みの方には特におすすめの成分です。

ハイドロキノン配合の化粧品も続々と増えてきているので、自分に合った商品を使うことでハイドロキノンのすごい効果を期待してみてはいかがでしょうか?♡

ハイドロキノン配合の化粧品も続々と増えてきているので、自分に合った商品を使うことでハイドロキノンのすごい効果を期待してみてはいかがでしょうか?♡

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Google +
Pinterest
Pocket