Terry Lee

あっこれ誰かに話したい!を提案するWEBメディア

トイレの床より汚い!?知っておきたい、メイク道具3つのお手入れの方法

153 views

あなたはトイレの床に顔をつけた事がありますか?
よっぽど変わったシチュエーションでない限り、こんな事あり得ないですよね。

でも人によってはほぼ毎日使うパフ。
これ、実は洗わないで使い続けるとトイレの床より汚いと言われているんですよ!!

いくら顔を洗って保湿を頑張ってお化粧をしても、メイク道具が汚ければなんの意味もありません!
そこで今回は、日頃使うメイク道具3つのお手入れの方法を紹介したいと思います。

3つのメイク道具のお手入れの方法


パフのお手入れの方法

① パフのお手入れの方法

1週間に1回洗うのが基本です。
それが面倒な場合は、安いパフを使い捨てるようにしましょう!

パフの洗い方

  • ぬるま湯をパフになじませる。
  • 固形石鹸、中性洗剤、スポンジクリーナー等でやさしくもみ洗いします。ここで強く力を加えてしまうとスポンジが傷む原因になるので優しく洗うと良いでしょう。
  • ある程度汚れがもみ洗いしながらすすいでください。汚れが落ちきらない様なら、ここまでの行程をもう1度繰り返すと汚れが落ちると思います。
  • パフを軽く絞ってからタオルにはさみ水分をとります。
  • 陰干しする(日のあたる所で乾かすとパフが固くなってしまいます)テッシュに包んで洗濯ばさみでつるしておくと早く乾きます。


フェイス、チークのブラシのお手入れの方法

② フェイス、チークのブラシのお手入れの方法

使用後、手の甲で粉をはらうようにすれば特別なお手入れは必要ありません。
汚れがひどくなってきた場合は、石鹸か粉洗浄するようにしましょう。

石鹸と粉洗浄のやり方を詳しく紹介していきますね♡

やり方①
石鹸編

  1. 毛の部分を粗めのブラシで軽くほぐす。
  2. 根本から毛先に向かって目の細かいクシを通し汚れを表面にかき出す。
  3. 洗面器にぬるま湯をはり、毛にお湯を含ませる。
  4. 石鹸をたっぷり毛に含ませ優しく洗う。この時、ひねったり毛を絞ったり強い力を加えるとブラシが傷んでしまいます。
  5. 洗面器にお湯をはりなおし、空中でブラシで円をかくように動かす。
  6. 洗面器のお湯を何度か変えてお湯が透明になるまで洗い流しの作業を繰り返す。
  7. お湯が透明になったら根本から毛先にむかってしごくように軽く水を絞ります。
  8. 石鹸が落せたらタオルの間にはさみタオルに水分を吸ってもらう。(タオルの面を何度か変えると良い)
  9. 急いでいる場合はクシでときながらドライヤーで遠くから風を送る。(自然乾燥が1番ブラシに負担をかけないのでなるべくドライヤーは避けて下さい)
  10. ブラシが8割程乾いたら成型する為、吸水性のある紙で金属部分から毛先までくるくる巻き込んでいく。
  11. コップにたてて数時間~1日放置して乾かす。
  12. 紙をはずして完全に乾くまで放置して終了です。

やり方②
粉物編

  1. 袋にコーンスターチかベビーパウダー等の粉物を入れブラシに粉を絡める。
  2. なじんだら毛についた粉を何度も手ではらい、粉を落とす。
  3. 粉に化粧品の色が移るため、粉に色が移らなくなるまで何度かここまでの作業を繰り返す。
  4. 粉に色が移らなくなったら粉を手ではらう。
  5. 最後に粉が無くなるまで丁寧にクシでといて仕上げて終了。


リップブラシのお手入れの方法

③ リップブラシのお手入れの方法

リップブラシも特別こうしたほうが良いという洗い方はないので、普段使用した後にティッシュで軽く拭く程度でOK◎
どうしても汚れが気になる場合は大型のブラシ同様の洗い方をおすすめします。

全てのブラシに言える事ですが、獣毛がつかわれてるブラシの場合は石鹸ではなく髪の毛同様、シャンプーリンスで洗うと尚サラサラになります。
ですが、水洗いをする場合は完璧に乾くまでに時間がかかるので、中のほうの毛や金具が湿ってカビがはえたり抜け毛や切れ毛の原因になることもあるので、完璧に乾かす事がとっても重要です!

おわりに

メイク道具を気にかけてお手入れする事で、長く使えるようになり、愛着もわいてくる事間違いなし!
綺麗な化粧用具で、今以上に綺麗なお化粧ライフを楽しみましょう♡

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Google +
Pinterest
Pocket