Terry Lee

あっこれ誰かに話したい!を提案するWEBメディア

【女性編】更年期障害かなと思ったら試してほしい13のチェック項目

374 views

最近、身体の変化を感じることが多いという方はもしかしたら更年期障害かもしれません。

そこで今回は更年期障害かなと思ったら試してほしい13のチェック項目を用意しました。

セルフチェックを行うことで自分の身体の変化を把握し、更年期障害の改善に役立てていきましょう!

女性の更年期障害!13のチェック項目

更年期チェック項目①
頭痛やめまいが起こりやすくなった

更年期チェック項目① 頭痛やめまいが起こりやすくなった

更年期障害の頭痛は頻繁に痛む、思い痛みが1日中続く、継続的にズキズキと痛むなどの特徴があります。

また、めまいは天井がぐるぐると回っているような感覚に陥る回転性めまいと、身体が宙に浮いているような感覚の浮動性めまいがあり、回転性めまいは一過性のものですが、浮動性めまいは長時間続くという特徴があります。

更年期チェック項目②
イライラしやすく憂鬱になる

更年期チェック項目② イライラしやすく憂鬱になる

このような精神的な症状はホルモンバランスの乱れからくるものです。

更年期に入りエストロゲンの分泌量が減少することで感情のコントロールが難しくなり、イライラしたり怒りっぽくなる、憂鬱になるなどの精神症状がでてくるんですね。

更年期チェック項目③
耳鳴りがする

更年期チェック項目③ 耳鳴りがする

更年期障害の耳鳴りは比較的軽いものが多く、周りが静かになると耳の中で「キーン」「サー」というような音が聞こえるようになります。

めまいと一緒に起こることも多いですが、自然におさまるので特に治療する必要はないと言われています。
ただし、動脈硬化や高血圧などの病気が隠れている場合もあるので気になるときは早めに医師に相談しましょう!

更年期チェック項目④
記憶力や判断力が鈍ってきた

更年期チェック項目④ 記憶力や判断力が鈍ってきた

更年期障害の記憶力や判断力の低下は短期記憶の問題であることが多いです。

この短期記憶は本来、非常に短い時間しか保持されない記憶なので、自動的に忘れてしまうという特徴があるんですが、更年期になると記憶を忘れるまでの時間がさらに短くなり頻度が多くなってきます。

更年期チェック項目⑤
のぼせ・ほてり感があり、汗をかきやすくなった

更年期チェック項目⑤ のぼせ・ほてり感があり、汗をかきやすくなった

のぼせは頭に血がのぼったような状態で、毎日同じような時間に症状が出る方もいれば突然のぼせる場合もあります。

また、ほてりは身体が熱くなり顔などが赤くなって気温に関係なく汗ををかくことが多いです。

更年期チェック項目⑥
食欲不振・吐き気を感じやすくなった

更年期チェック項目⑥ 食欲不振・吐き気を感じやすくなった

吐き気は更年期障害の数ある症状の中でも多く見られる症状で、特に何もしていないのに急に吐き気を感じて実際に吐いてしまう場合もあります。

食欲不振はダイエットにちょうど良いと考える方が多いですが、必要な栄養素が補給されなくなると症状が悪化する可能性が高いので要注意!

更年期チェック項目⑦
手足にしびれを感じる

更年期チェック項目⑦ 手足にしびれを感じる

動作をした瞬間に手足にしびれを感じるというのが一般的な症状ですが、中には物を掴んでいる感覚がなくなったり、皮膚の表面がピリピリする、虫が皮膚を這っているような感覚を感じる方もいます。

更年期障害の症状としてあまり知られていない症状ですが、放置していると悪化したり慢性化する恐れがあるので早めに医師に相談するのがおすすめです!

更年期チェック項目⑧
肩こり・腰痛がある

更年期チェック項目⑧ 肩こり・腰痛がある

肩こりや腰痛は更年期障害の中でも代表的な症状で、近年ではホットフラッシュよりも肩こりや腰痛を訴える方が増えてきているんだとか。

痛みがひどくて日常生活に支障をきたしたり、頭痛やしびれの原因になる場合もありますし、肩こりや腰痛がイライラや不安感などの精神症状に繋がるケースも少なくありません。

更年期チェック項目⑨
寝不足気味の状態が続いている

更年期チェック項目⑨ 寝不足気味の状態が続いている

更年期になるとエストロゲンの減少が影響して眠気を感じることが少なくなります。

頭痛やイライラ、ほてり、耳鳴りなど更年期障害の他の症状が原因で寝つきが悪くなったり、途中で目が覚めてしまうことも多くなるでしょう。

更年期チェック項目⑩
疲れやすくなった

更年期チェック項目⑩ 疲れやすくなった

エストロゲンが減少して自律神経が乱れると身体のあちこちもアンバランスな状態になってしまいます。
この状態を元に戻そうと身体や脳が無理を重ねることで疲れやすくなってしまうんです。

また、寝不足が原因で疲労を回復できないことも疲れやすくなる原因だと考えられています。

更年期チェック項目⑪
頻尿・尿漏れがある

更年期チェック項目⑪ 頻尿・尿漏れがある

頻尿や尿漏れは華麗による骨盤底筋の緩みや、自律神経の乱れが原因だと言われています。

女性の3人に1人は経験していると言われているので、自分だけだと思わずに前向きに捉えて改善していきましょう!

更年期チェック項目⑫
便秘・下痢になる

更年期チェック項目⑫ 便秘・下痢になる

もともと女性は便秘になりやすいですが、更年期になるとさらに悪化したり下痢になってしまう場合があります。

もちろん便秘や下痢はどの年代にも起こりやすいので判断は難しいですが、症状が重くなったり頻度が増えた、便秘や下痢を繰り返すという場合には更年期障害の症状の1つである可能性が高いです。

更年期チェック項目⑬
性交時に痛みを感じる

更年期チェック項目⑬ 性交時に痛みを感じる

エストロゲンが減少すると膣が乾燥しやすくなり、柔軟性が悪くなってしまいます。

また、膣の粘膜や周囲の皮膚が薄くなることも性交時の痛みの原因になるんだとか。

チェック個数による更年期レベル

  • 0~3個 レベル1
  • 冷えやストレスを改善する生活を心がけましょう

  • 4~6個 レベル2
  • 食生活や睡眠環境を整え、お薬やサプリメントなどを活用して症状緩和を目指していきましょう。

  • 7~8個 レベル3
  • 内服などの治療が必要になる可能性が高いので、医師に相談することをおすすめします。

  • 9個以上 レベル4
  • 更年期障害だけでなく、他の病気の可能性も高いので早めに医師に相談することをおすすめします。

おわりに

今回紹介したチェック項目はあくまでも参考程度のものですが、あてはまる項目が多いという方は早めに医師に相談することをおすすめします。

更年期障害は生死に関わるようなものではありませんが、放置していると寝たきりになってしまうという方も少なくありません。
そのため、早い段階で症状の改善を目指しておけば更年期も楽に乗り越えられるようになるでしょう!

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Google +
Pinterest
Pocket