Terry Lee

あっこれ誰かに話したい!を提案するWEBメディア

ポリフェノールの含有量が最強!おすすめチョコ7商品と、メリット・デメリット

152 views
ポリフェノールの含有量が最強!おすすめチョコ7商品と、メリット・デメリット

ポリフェノールをおいしく摂取するならチョコレートがおすすめ♡

そこで今回はポリフェノールの含有量が多いおすすめチョコ7商品と、メリット・デメリットについて紹介していきたいと思います。

毎日チョコレートを食べているという方は今回紹介するチョコレートを取り入れて手軽にポリフェノールを摂取してみませんか?♡

ポリフェノールの含有量が多いチョコレート

おすすめチョコ① 明治 チョコレート効果 カカオ72%

明治 チョコレート効果 カカオ72%
明治 チョコレート効果 カカオ72%

このチョコレートは名前の通り、カカオが72%配合されたチョコレートです。
ポリフェノールの含有量は1粒で127mgなので1箱食べれば1900mgものポリフェノールを摂取することができます。

ポリフェノールの摂取量は1日につき1500mgが理想だと言われているので、チョコレート効果なら1箱食べるだけで1日に必要なポリフェノールを十分に摂取することができるのです。

また、同シリーズにはカカオ86%や95%のものもありるので、濃いチョコレートが食べたいという方はぜひお試しあれ♡

おすすめチョコ② 森永製菓 カレ・ド・ショコラ カカオ70%

森永製菓 カレ・ド・ショコラ カカオ70%
森永製菓 カレ・ド・ショコラ カカオ70%

カカオポリフェノールが多いチョコレートはどうしても雑味が出てしまうので、苦手な人も多いかと思います。

そんな中、森永製菓は長年の研究によりカカオポリフェノール特融の雑味を除去することに成功したのです!
そして作られたのがカレ・ド・ショコラ。

カレ・ド・ショコラはカカオ70%の高カカオチョコレートでありながら、甘さスッキリの本格派ビターチョコレートなのです。

カカオが苦手な人からも好評な口コミが多く、高カカオチョコレートを初めて食べるという方にもおすすめの商品です♡

おすすめチョコ③ ブルボン アルフォートミニ チョコレートプレミアム カカオ70

ブルボン アルフォートミニ チョコレートプレミアム カカオ70
ブルボン アルフォートミニ チョコレートプレミアム カカオ70

あの人気のチョコレート菓子、アルフォートにも高カカオチョコレート商品があることをご存知でしたか?
ビターチョコレートとほんのり甘さがあるサクサクのビスケットは相性抜群♡

カカオ70%なのでもちろん普通のチョコレートよりは苦みがありますが、ビスケットとセットになっているのでカカオが苦手な方でもおいしくいただくことができます。

ちょっぴり大人なアルフォートは大人のおやつに最適です♡

おすすめチョコ④ リンツ エクセレンス 99%カカオ

リンツ エクセレンス 99%カカオ
リンツ エクセレンス 99%カカオ

人気チョコレートメーカーからはなんとカカオ99%のチョコレートが販売されています。
もちろんとっても苦いですが、カカオ好きにはたまらないお味です♡

初めて食べる方はその苦さに衝撃を受けるかもしれませんが、しっかりとカカオポリフェノールを摂取したいという方はぜひお試しあれ。

不思議と病みつきになり他のチョコレートが食べられなくなってしうという人も?!

おすすめチョコ⑤ 寺沢製菓 プレミアム麦チョコ ハイカカオ70%

寺沢製菓 プレミアム麦チョコ ハイカカオ70%
寺沢製菓 プレミアム麦チョコ ハイカカオ70%

高カカオチョコレートブームの波はついに麦チョコにまで。

麦に高カカオチョコレートがコーティングされていて、1度食べ始めたら止まらない!

懐かしの麦チョコがほろ苦い大人の味になっているので、再び麦チョコにハマる人も多いのだとか。

おすすめチョコ⑥ ダーデン 有機アガベチョコレート ダーク70%

ダーデン 有機アガベチョコレート ダーク70%
ダーデン 有機アガベチョコレート ダーク70%

ダーデンが販売しているのは健康志向の方には嬉しい低GIの高カカオチョコレート。
お砂糖の代わりにアガベパウダーを使用して低GIを実現しました。

さらにこちらのチョコレートは全てオーガニック食材で作られているので、美容や健康を意識して高カカオチョコレートを食べている方にはまさにぴったりなチョコレートなのです♡

カカオ70%なのでカカオが苦手な方でも食べやすいチョコレートになっています。

おすすめチョコ⑦ アルテルエコ ノワールアンターンス

アルテルエコ ノワールアンターンス
アルテルエコ ノワールアンターンス

アルテルエコのノワールアンターンスも美容・健康を意識している方には嬉しいオーガニックチョコレート♡

有機カカオバターや有機さとうきび糖を使用していて、乳化剤などは一切使用されていません。
気になるカカオは60%なのでこれまでの高カカオチョコレートと比べるとカカオの配合量はちょっぴり少な目。

ビターチョコレートに慣れていない人でも食べやすく、ナチュラルな甘さでカカオの香りを楽しむには最適なチョコレートになっています。

高カカオチョコレートが苦手という方はまずはノワールアンターンスから試してみてはいかがでしょうか?

ポリフェノール配合チョコのメリット・デメリット

ポリフェノール配合チョコのメリット

ポリフェノール配合チョコのメリット

① 栄養豊富

チョコレートには抗酸化作用があるカカオポリフェノールだけでなく、カルシウムやマグネシウム、鉄、亜鉛など身体に必要なミネラルや食物繊維も含まれているのです。
栄養が豊富な食材は好き嫌いが分かれるお野菜などが多い中、おいしいチョコレートでこれだけの栄養素が補給できるというのはまさに優れもの。
おやつ感覚でパクパク食べられるのでお子様の栄養補給にも欠かせないアイテムになるのではないでしょうか。

② 動脈硬化の予防効果

カカオポリフェノールにはカテキンに似たエピカテキンという成分が含まれていて、エピカテキンには血圧を下げて善玉コレステロールを増やす働きがあると言われています。
血中の善玉コレステロールが増えれば血液がさらさらになり、動脈硬化などの生活習慣病の予防にも役立つのです。

③ がんの予防効果

カカオポリフェノールには抗酸化作用があり、活性酸素によって引き起こされるがんの予防にも効果があると言われています。
日本で1番疾患数の多いがんは胃がんですが、チョコレートをたくさん食べる習慣がある国では死亡者数が少ないという研究結果まで出ているのです。
チョコレートを食べるだけで大病の予防ができるのですから、老若男女問わず積極的に取り入れていきたいですね。

④ アレルギーやリウマチの予防・改善効果

アレルギーやリウマチはがんと同じように活性酸素により引き起こされるものです。
特に春や秋になると花粉症でお悩みの方も多いかと思いますが、カカオポリフェノールには活性酸素を抑える働きがあるので花粉症にも効果を期待することができます。
毎年花粉症の症状で悩んでいるという方も高カカオチョコレートをお試しあれ。

⑤ ダイエット効果

ダイエットの大敵と思われがちなチョコレートですが、高カカオチョコレートならダイエットのお供に最適なチョコレートになります。
カカオポリフェノールに含まれているエピカテキンには筋肉を増やす効果があると言われています。
ある実験でも肥満抑制作用が認められていたり、チョコレートダイエットが流行ったのもこのためです。
おいしいチョコレートがダイエットに役立つなら高カカオチョコレートに切り替えようと思う方も多いのではないでしょうか。

ポリフェノール配合チョコのデメリット

ポリフェノール配合チョコのデメリット

① 食べ過ぎると太る

高カカオチョコレートは苦みが強いので低カロリーだと思われがちですが、カカオの含有量が多いので一般的なチョコレートよりも高カロリーなものが多いです。
いくらダイエットに良いと言われている高カカオチョコレートでも食べ過ぎてしまえば肥満の原因になってしまうので、くれぐれも摂取量には気を付けなければいけません。

② アレルギーの人もいる

チョコレートの種類にもよりますが、カドミウムやニッケルが原因でアレルギーを引き起こしてしまう場合があります。
特にニッケルは接触性金属アレルギー物質として多くの被害が報告されているのでニッケルアレルギーの方は注意が必要です。

③ 利尿・興奮作用がある

高カカオチョコレートには利尿作用や興奮白湯おのあるテオプロミンやカフェインが多く含まれています。
食べ過ぎなければこのような作用が働くことはありませんが、もともとトイレが近い方や興奮しやすい方は高カカオチョコレートを食べるタイミングを考えた方が良いかもしれませんね。

おわりに

高カカオチョコレートはコンビニやスーパーでも販売されています。

手軽に購入することができるので、おいしくポリフェノールを摂取したいという方はぜひお試しあれ♡

ほろ苦さの中にほんのりと甘さのある高カカオチョコレートは1度食べたら病みつきになりますよ♡

ほろ苦さの中にほんのりと甘さのある高カカオチョコレートは1度食べたら病みつきになりますよ♡

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Google +
Pinterest
Pocket