Terry Lee

あっこれ誰かに話したい!を提案するWEBメディア

目がボヤける…と感じたら疑って欲しいスマホ老眼チェックシート5項目

476 views

スマホ老眼は老眼という名前が付いていますが、20~30代の方の発症率が非常に高いです。
そのため、目がぼやけると感じたらスマホ老眼の可能性を疑って早めに治療を始めていく必要があるんです!
そこで今回はスマホ老眼かも?と思ったときに試してほしいスマホ老眼チェックシートを5項目用意しました。
自分の症状と当てはめながら確認してみましょう!

スマホ老眼チェックシート5項目


手元を見る作業をすると目が疲れやすい

① 手元を見る作業をすると目が疲れやすい

近くを見ようとするとピントを調節する機能の筋肉は緊張状態が続くので、手元を見る作業が長く続くと筋肉にコリがたまり目が疲れやすくなってきます。
ピントを調節する機能に負担がかかるとピントがぼやけ、視界がぼやけてくることもあるでしょう。


スマホやパソコンを1日8時間以上使う

② スマホやパソコンを1日8時間以上使う

スマホ老眼の症状はスマートフォンを使うことで起こるものですが、パソコンの画面からもスマートフォンと同じように目に悪い光が発せられています。

仕事でパソコンを使って、プライベートでスマートフォンを使うという方は特にスマホ老眼に注意しなければなりません!


夕方になると視界が悪くなる

③ 夕方になると視界が悪くなる

日中にスマートフォンやパソコンを使っていると目の周りにある毛様体という筋肉にコリがたまります。
コリがたまって毛様体筋の働きが鈍くなるとピントが合わせづらくなって視界が悪くなってしまうのです。

いわば筋肉痛のような状態なので、目を休めるだけでなくコリをほぐすためのケアをしていかなければなりません。


疲れが取れにくい

④ 疲れが取れにくい

スマートフォンを見続けている状態は光を直視しているのと同じ状態です。
光を見ていると興奮状態が続き、疲れが取れにくくなってしまいます。

特に寝る前にスマートフォンを使用しているという場合は脳が興奮状態に陥り昼間と勘違いしてしまうので、眠りが浅くなり、寝ても疲れが取れにくくなってしまうんです。


頭痛や肩こり、吐き気がする

⑤ 頭痛や肩こり、吐き気がする

目の周りには肩に繋がっている神経があるので、目が疲れると肩こりの症状が現れます。
また、スマートフォンを使用しているときは同じ姿勢で長時間過ごすことが多くなるので、身体の筋肉が固まることも1つの原因だと考えられています。

肩こりが悪化すると頭痛になり、さらには吐き気を催すケースもあるので「たかが目の疲れ」と考えていると仕事も手につかなくなるくらい症状が悪化してしまうので要注意!


2個以上当てはまった方は要注意!

⑥ 2個以上当てはまった方は要注意!

5つの項目の中で2個以上当てはまるものがあるという方はスマホ老眼の可能性が非常に高いです。

また、1つでも当てはまった場合にはスマホ老眼予備軍なのでしっかり予防していきましょう!

おわりに

スマホ老眼は毎日の習慣を見直して対策をとることで改善できるものです。

ただし、軽く考えて症状が悪化してしまえば自分で改善することも難しくなってしまうでしょう。
目の健康のためにも「スマホ老眼かも?」と感じたら無理をせずに早めに治療にとりかかるようにしましょう!

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Google +
Pinterest
Pocket