Terry Lee

あっこれ誰かに話したい!を提案するWEBメディア

男も女も歯が命!歯を常に白く見せるための4つの方法

25 views
男も女も歯が命!歯を常に白く見せるための4つの方法

芸能人は歯が命!とよく言いますが、人から常に見られるプロが言われている言葉なので、私達も日々、生活する中で少なからず人から見られているんです。

笑った時やふとした時にちらっと見える歯が綺麗だと良いですよね。

今回は、歯の汚れについてや白くするケアを紹介していきたいと思います。

歯の汚れの2種類

歯の汚れの原因にはステインや歯垢があります。

① 歯垢

歯垢

プラークとも呼ばれ、日常の歯磨きで落とす事ができます。

歯磨きで取り除けなかった歯垢がたまり、歯石となります。

この歯石は歯医者でとってもらう事ができますが、口臭の原因にもなるため日頃からの歯磨きでしっかりと取り除く事が大切です。

② ステイン

ステイン

もう1つのステインにより歯が黄ばむと言われています。

最近ではステインを落とす効果を売りにした歯磨き粉も増えていますが、市販の歯磨き粉ではそこまで白くなりきらないのが現状です。

毎日しっかり歯磨きをしていても完全に落ち切る事はなく、歳とともに蓄積されていくのもやっかいな所です。

汚れの原因

汚れの原因

歯磨きをしていない…となればそれはもちろんですが、普段口にする機会の多い食べ物や飲み物でも汚れがつきやすいものがあります。

コーヒーや赤ワイン等はよく耳にしますが、ケチャップやカレー、スパゲッティー、醤油等も汚れが付きやすいものと言われています。

このような食品を多く摂取する機会の増えた今では歯を綺麗に保つには歯磨き以外にも特別なケアが必要だとされています。

歯を白くする4つの方法

① お酢うがい

お酢うがい

お酢には殺菌作用と歯を白くする成分が含まれているので、お酢でうがいする事により白く綺麗な歯を保つ事ができます。

  • 水:酢を2:1くらいの割合で合わせてうがいする。

これだけです。

口内にお酢がいきわたる様にくちゅくちゅとうがいすると良いです。 

お酢でうがいする事により口臭ケアにもつながるのでおすすめな方法です。

② 重層うがい

重層うがい

食後、歯磨きをした後で重層を使ってうがいする方法です。

うがいする事によって初期の虫歯にも効果的と言われているほどなので、一石二鳥という試すにはもってこいの方法かと思います。

  • 水100㏄に重層小さじ1/2を溶かして歯磨き後に30秒うがいする。

この時、効果を求めすぎて重層を多めに入れると逆効果になるどころか、粘膜を傷めてしまうと言われているので入れすぎないようにしてうください。

また、1/2でも口内に違和感を感じる場合は薄める等、自分にあった濃さに加減して行ってください。

③ 重層歯磨き

重層歯磨き

歯磨きの時に重層を使う事で口内の酸を中和してくれます。

さらにステインを除去する作用もあるので歯が白くなるのです。

  • 歯ブラシを濡らし、重層をつける。
  • 自然についたぶんの重層だけで優しく歯磨きする。

粉だと歯磨きをやりにくいという場合はグリセリンとハッカ油も混ぜるとペースト状になり磨きやすいと思います。

ただし、必要以上の力で磨くと歯のエナメル質を削ってしまって白を通り越して歯が灰色になったり、歯茎がぼろぼろになってしまう場合があります。

こういったトラブルを防ぐためにも自分にあった方法で試してみてください。

④ マニキュア

マニキュア

今は爪だけではなく、歯専用のマニキュアも売られています。

「急に人前に出る事になったので歯を白くしておきたい」

という時等にはもってこいの商品です。

最近ではお手頃な商品も増えているので¥2000~くらいの目安で購入できます。

こつをつかむのに時間がかかったり時間がたつとムラになる…というクチコミもあるので、いざとなった時に頼れると頭のかたすみに置いておくのも良いかもしれません。

おわりに

最近ではホワイトニング効果を売りにした歯磨き粉も様々な種類のものが発売されていたりと、「白い歯になりたい」と思った時に頼れる方法はたくさんあります。

自分の歯にあった方法をみつけて健康的な白く輝く歯を手にいれましょう。

自分の歯にあった方法をみつけて健康的な白く輝く歯を手にいれましょう。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Google +
Pinterest
Pocket